朝霧フードラボ

農業で共に働く喜びを 就労支援事業所の朝霧フードラボ

事業内容
事業内容 朝霧フードラボは、農業を中心に「食」に関する生産活動を通して、利用者と職員、お客様が一緒に考え、より良いモノ作りと食の研究をしています。

農業(主にトマトの栽培・出荷)を通じて就労継続支援A型の方に就労の機会や生産活動の機会の提供、また就労に必要な知識や能力習得のための訓練を行い、一般就労に向けて支援を行っています。

また、生産した農作物を一般のスーパー、レストラン、そして消費者に販売しており、「食」の生産と研究を行う農業者として活動しています。
運営方針
「自立と共生を目指し、地域社会にとけこむ」を理念に掲げていきます。

就労継続支援A型については、利用者に対し就労の機会の提供および生産活動の機会の提供その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の必要な訓練を行い、一般就労に向けて支援を行っていく事業です。

就労移行支援事業については、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動やその他の活動の機会の提供を通じて、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の便宜を適切かつ効果的に実施し、2年以内で就労等につなげていく事業です。

新たな事業所として運営を始める中で、地域での施設の認知を広げるとともに、利用者の能力を引出し就労へ向けてスムーズに繋げられるような支援を目指して事業を展開していきます。
朝霧フードラボとしての取り組み
1.障害者自立支援
利用者の人格を尊重し、常に利用者の障害の症状を正しく把握しその特性に対応した適切な対応、サービスを提供します。

2.日常生活支援に向けた個別ケアの実施
障害におけるアセスメントを適宜、的確に行い個々の能力や資質に応じた活動を行ってまいります。
一 利用者及び家族のニーズを的確に捉え、個別に支援計画を作成し必要とする適切なサービスを提供します。
二 利用者に対し、サービスの内容及び提供方法について分かりやすく説明します。
三 常に、提供したサービスの質の管理、評価を行います。

3.安全な作業と効率化
利用者に安全な作業を行うため作業マニュアルを作成します。
農場について
朝霧フードラボの農場は、自然豊かな浜名湖の庄内半島南端にあります。自然の恵み、そして太陽の光をたっぷり受けて朝霧フードラボの作物は育ちます。 朝霧フードラボではハウス栽培と露地栽培を行っており、ハウスでは主にトマトを、露地では季節に応じた作物を生産しています。

農場で生産して収穫した各作物は選果場に搬送し、選別、袋詰め等を行い、出荷しています。
露地 ハウス
トマト栽培
Copyright (C)2015 朝霧フードラボ All rights reserved.